昔記者。平和グルメ女が日英で綴る米国LA生活。 May your dream come true soon!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Takatoriyaki Soke Pottery Master 高取焼宗家

東京から福岡に移動したあと、6月18日に友人らと高取焼宗家を訪問した。
西暦1600年創業から400年以上経た今も創業時の伝統を受け継ぐ。
都会の喧騒から離れた自然豊かな場所にあった。
趣のある茅葺き屋根と大きな梁のある建物で抹茶を振舞っていただき、しばしくつろぐ。

  傍を流れる清流。その流れを利用して二連の唐臼が土をつく。土つくりから、ろくろでの成形、素焼き、釉薬かけ、登り窯での本焼き作業を13代八山夫人の高取七絵さんに説明してもらう。

  5段連なるここの連房式登窯は素晴らしかった。
斜面を利用しているので、一番下の窯に火をたくと、順に上に燃え移って全部の窯に火が行き渡るように造られている。

登窯や穴釜に火をいれるのは年に数回。窯が一杯になるまで焼かれるものをためてから行われる。
7月27日に友人が訪れた際にちょうど穴窯に火を入れていたらしい。
下にアップされた最初の4枚の写真は、その友人が撮影したものです。



高取焼宗家   (写真撮影:みやも 7月27日)
TS 8
Takatori-Yaki Ware Head Family ( Credit:Photo by Miyamo, 7/27/08 )


概要 
  黒田如水・長政親子が文禄・慶長の役の折り、朝鮮に八山という良工を見出し、筑前国へ連れ帰って開窯させたものが高取焼の起源。
  遠州七窯のひとつに数えられ、気品に満ちた端正な形状と釉薬の繊細さが人々の心を捉えて離さない魅惑的な焼き物。

歴史 (高取焼宗家HPより抜粋)
  筑前黒田藩の御用窯であった高取焼は西暦1600年(慶長5年)、現・福岡県直方市郊外の鷹取山南麓において築かれた「永満寺窯」にはじまります。この永満寺窯を築いたのが高取焼始祖、八山です。          
  初代八山八蔵重貞は、士分に取り立てられ、筑前国に入部した黒田長政公により、鷹取山に因んで「取」の姓を拝領しました。取姓となってから、八山は慶長十九(1614)年、内ヶ磯に移り、「内ヶ磯窯」で十年間制作しました。雄渾な作風から、次第に瀟洒で洗練された作風となっていったのは、この窯の後半です。

  徳川三代将軍家光公の茶道指南役・小堀遠州公の指導を受け、「遠州七窯」の筆頭として多くの中興名物を造りだしました。その後、初代・八山は白旗山(現・飯塚市幸袋)に窯を移し、同地で生涯を閉じました。

  二代・八蔵貞明は、寛文五(1665)年 上座郡鼓村(取焼宗家現住所)に移り「鼓窯」を築きました。
  さらに、四代・源兵衛勝利は、享保元(1716)年、早良郡麁原村(現・福岡市早良区)に「東皿山窯」を開き、一年の内半年は鼓窯に滞在して双方で制作を行う「掛勤」(かけづとめ)を行いはじめます。以後代々、明治四(1870)年の廃藩置県まで、この掛勤が続きました。

   このように、永い伝統によって培われた取焼の技術は、秘伝書として残され、一子相伝によって伝えられてきました。



穴窯に火が入れられている。火が美しい。   (写真撮影:みやも 7月27日)
TS 7
Firing potteries in "Anagama", the cave kiln. ( Credit:Photo by Miyamo, 7/27/08 )


感想
   今回初めて窯元を見学した。それも408年の伝統を守る日本でも恐らくかなり古いであろう窯元だ。

   徳川三代将軍家光公の茶道指南役・小堀遠州公の指南を受け造られ受け継がれてきた抹茶椀と茶道具、湯のみや食器はどれもとても素晴らしい。湯のみは焼酎や冷酒をそそぐのに良くあう。
   釉薬のかけ方、本焼きの連房式登窯の中での火や風の回り方、わらの灰のすすけ方などで微妙に釉薬の色あい、土の焼け方が変る。

   土、火、木、灰、風に育まれ大自然と調和した味わいある素晴らしい陶芸品。
その端正な形状と釉薬の繊細さが多くの人々の心を掴んでいる理由がわかる。

   藁(わら)も手作り。裏の田んぼで第十三代当主と夫人自らが田植えをしているそう。かなりの重労働だ。
400年の昔から13代そうやって受け継がれてきた。そしてそれは、13代八山さんの息子さん、息子さんから次の代へと受け継がれる。

   近くにやまめ料理のお店があり、やまめと炭火焼の地鶏、やまめ酒などを昼食に味わった。高取焼宗家の窯元を訪れて大満足の一日でした。

高取焼宗家
福岡県朝倉郡小石原村鼓2511
TEL 0946-74-2045

     

穴窯からの煙が立ち上がる。     (写真撮影:みやも 7月27日)
TS 9
Smokes are rising form the Anagama, cave kiln. ( Credit:Photo by Miyamo, 7/27/08 )


Takatori-Yaki Soke, the Head Family of Takatori Ware
After flying from Tokyo to Fukuoka, I visited Takatori-Yaki Soke with friends on June 18, 2008. It has a long tradition of more than 400 years since 1600, and yet it carries on the tradition from the date it was founded.
It is located in a suburb, vast nature, far away from the noise in a big city.
We enjoyed and relaxed with a green tea in an old traditional style building.

A narrow river runs through in the property. A water mill is running using the water from the river to grind soil to fine clay, using "Kara Usu", Korean wooden grinder. Mrs. Nanae Takatori, the wife of Hachizan 13th explained us the whole pottery making process--making clay, forming on a wheel, the first firing, glazing, and the final firing in "Noborigama", the climbing kiln.

  The "Renbousiki-noborigama", chamber-connected climbing kiln was amazing. Five chambers are connected, so a fire started in the lowest chamber will spread to the upper chambers in the climbing kiln.
They fire the "Noborigama" and "Anagama" kilns only a few times a year after accumlating thousands of potteries to be fired.

When another friend visited Takatori-Yaki Soke on July 27, 2008, they were firing the Anagama cave kilm. The first 4 photos below were taken by my friend, Miyamo that day.


火が入れられた穴窯。         (写真撮影:みやも 7月27日)
TS 10
Firing potteries in "Anagama", the cave kiln. ( Credit:Photo by Miyamo, 7/27/08 )

Summary:
Takatori pottery traces its roots to a great Korean potter called Hachizan who was brought to Japan by Kuroda Josui, a lord of the old local Kuroda clan, after Hideyoshi's invasions of Korea at the end of the 16th century. Takatori pottery was once named as one of the 7 major potteries of Japan and is highly valued for its gracefully-balanced shape with subtle and profound glaze.

History:
Takatori-Yaki ",enjoyed the privilege of being a patronized kiln of the Kuroda Clan in Chikuzen , begins in 1600 when the " Eimanji Kiln " was completed at the southern foot of Mt.Takatori, presently located on the outskirts of the city of Nogata in Fukuoka Prefecture.

The " Eimanji Kiln " was built by Hachizan, who established Takatori-Yaki. The first generation Hachizan was Hachizo Shigesada . Hachizo Shigesada was promoted to the rank of samurai, and from Nagamasa of the House of Kuroda who had entered the province of Chikuzen received the family name of " Takatori ", taken from the mountain Takatori.

After receiving the family name of " Takatori ", Hachizan moved to Uchigaiso in 1614 and produced his works from the " Uchigaiso Kiln " for a period of 10 years. It was during the latter part of his days at the Uchigaiso Kiln that his style changed from being clear and vigorous, to being refined. Receiving supervision from Kobori Masakazu , who taught Iemitsu , the third Tokugawa Shogun , the " Enshu School " of solemn tea preparation, Hachizan went on as the head of " Enshu Nanagama kilns " to produce many masterpieces.

He then moved his kiln to Shirahatayama (presently Koubukuro in the City of Iizuka) and lived there until his death.

In 1665, Hachizo Sadaaki , the 2ND generation of the Hachizan Family, built the " Tsuzumi Gama " in Tsuzumimura Village of Joza-Gun . The location is where the head family to the " Takatori-Yaki" presently resides. In 1716, the " Higashi Sarayama Kiln " in Soharamura Village of Sawara-gun ( presently Sawara-ku in the City of Fukuoka ) was opened by Genbei Katsutosi . There , he began the practice of working from both kilns by residing at the " Tsuzumi Gama " six months out of the year. This practice continued as it was passed on through generations until 1870 , when Japan abolished the feudal clan system.

In this way , Takatori-Yaki , cultivated through long tradition , has been a secret art , passed on from a father to a son , from generation to generation.



連房式登窯。 6月18日撮影
TS 260
"Renbousiki-noborigama", Chamber-connected climbing kiln. Photo taken 6/18/08

My Review:
I visited a pottery master's kiln for the first time. And the one I visited was one of the oldest pottery master's kilns in Japan, having tradition of 408 years.

Tea bowls, pots, and other ceramic utensils for Japanese tea ceremony have been created under the guidance of Onshu Kobori, a tea ceremony master of Iemitsu, Tokugawa 3rd Shogun. They have been passed on to generation to generation keeping the 400 year of tradition and with some added techniques.
They are splendid. The tea cups are suited for drinking cold sake or Shotsu,Japanese vodka.

The colors and the ways clays transform to ceramics change depending on applying glazes, how fire and wind blew in the climbing kiln, and the way ashes from straws cling to the potteries in the kiln during firing.

Takatori ware potteries blend with nature, clay from the earth, fire, woods, ashes, winds, and are marvelous masterpieces.
I came to understand the reasons why their skillful forms and subtleness of glazing capture hearts of many people.

The straws are made by Hachizan 13th and his wife, Nanae, in their back yard rice field. It's a heavy duty job.
It has been passed on for generations for 400 years that way. And it will be passed on from Hachizan 13th to his son, and from his son to a son of his son.

There was a Yamame fish cuisine restaurant near by. We enjoyed charcoal barbequed Yamame fish, wild organic chicken, and Yamame sake.
It was a fun-filled satisfying day.

Takatori-Yaki Soke, the head family of Takatori Ware
2511,Tsuzumi Koishihara Toho-mura village,
Asakura-gun , Fukuoka-ken,
838-1602 , JAPAN
TEL 0946-74-2045



二連式唐臼  川の水を利用し、土を細かく砕いている。
TS 263
"Nirenshiki-Karausu", Double Water Mill. They grind soil to fine clay.  




二連式唐臼  川の水を利用し、土を細かく砕いている。
TS 265
"Nirenshiki-Karausu", Double Water Mill. They grind soil to fine clay. 




裏の田んぼと裏山。
TS 271
Rice field and a mountain in the back.



第13代八山の作品。
TS 243
Ceramic works of Hachizan 13th



お茶用の茶碗、湯冷まし、お湯のみなどの作品。
TS 245
Tea ceremony bowls, tea cups, and etc.




先代八山の作品
TS 249
Works by Hachizan of previous generations





12代八山の作品。お茶用茶碗
TS 250
Works of Hachizan 12th. A tea ceremony bowl.





13代八山の作品。お茶用茶碗。 窯出ししてすぐの半端ものを特別に分けてもらったもの。
釉薬のいろいろな色がでて美しい。 黄色っぽい部分はオオタだろうか。
TS 621 
TS 630
A work of Hachizan 13th. A tea ceremony bowl.
Is the yellow portion Ohta glazing? The color combination is interesting.
This was a specially discounted item, not meeting the high quality standard for regular sale.



13代八山の作品。お茶用茶碗。
窯出ししてすぐの半端ものを特別に分けてもらったもの。織部だろうか。薄緑色が美しい。 
TS 631
TS 632
A work of Hachizan 13th. A tea ceremony bowl.
Is it "Oribe" glazing? The soft green colors came out beautiful.
This was a specially discounted item, not meeting the high quality standard for regular sale.



↓Please click the banner below.
下のバナーを1クリックお願いします。
ありがとう。↓
thank you

にほんブログ村 海外生活ブログ ロサンゼルス情報へto Blog Mura Los Angeles
Nihon Blog Village Los Angeles Info.
I am a member of blog ranking in Japan.
ブログ村のランキングに登録しました。
スポンサーサイト
コメント
No title
>>黒田如水・長政親子が文禄・慶長の役の折り、朝鮮に八山{Palsan?}という良工を見出しv-232筑前国へ連れ帰って開窯させたものが高取焼の起源。
朝鮮起源の高取焼、美しき筑前の風土の中でv-42焼かれているのですね。
2008/09/12(金) 21:06 | URL | いばら #-[ コメントの編集]
No title
なるほど。。。こんな感じだったのか^_^;
風光明媚な環境で、自然に優しく素晴らしい作品を制作する♪

本当に素晴らしいことだと思う(^^♪
是非行ってみたいなぁvv
2008/09/13(土) 00:02 | URL | なるにぃ #aIcUnOeo[ コメントの編集]
>Ibara san>thanks for your comment
その伝統を切磋琢磨し磨き上げた技は、とてもすばらしかったです。また自然の中で土や風土とともに陶作するのが、本来の陶芸だった、とあらためて感じました。v-154
2008/09/21(日) 03:40 | URL | Lisaky #AwIZlx5Q[ コメントの編集]
>Naru2>thanks for your comment
本当にいいとこでした。
自然と合体した美と技、それにとても使い勝手がいい陶器の数々。清流が流れ、涼しい風が吹く里。やまめ料理も美味しくて魅力的です。v-7
2008/09/21(日) 03:43 | URL | Lisaky #AwIZlx5Q[ コメントの編集]
コメントの投稿
【Font & Icon】
管理者にだけ表示を許可する
Profile

Lisaky Author:Lisaky
Dream On@LAへようこそ!
コメント、リンク大歓迎。.
留学からLA永住し28年以上経過。.
ダンス、写真、映画、ヨガ、グルメ.
霊気、世界平和が趣味です。.
Blog started 8/7/2007
Counter set 8/6/2008.
Welcome to "Dream on@LA" blog! I welcome your comments.
I live in LA, CA, USA. It's been over 28 years.

ポチッ↓↓とおねがいします!
全て別窓で開きます (Click Me! ↓) にほんブログ村 海外生活ブログ ロサンゼルス情報へ

ジモモ ロサンゼルス


(↑まとめて応援/ Click Me ↑)

[このブログを購読] 《解析中.......》

おきてがみ


THANK YOU!
#HANDLE#、いつもありがとうございます!

このブログの読者になる

ブログアクセスアップ まねキャット

Comments
Recent Articles
Category
リンク--Links
リンクフリーです。報告も無用です。 Feel Free to link this blog to your blog!
このブログをリンクに追加する
Search in This Blog
Blog Ranking
ポチッ↓↓とおねがいします!

(↑まとめて応援/ Click Me ↑)
to BlogMura LA >BlogMura LA

>>FC2 USA >Lighthouse
ジモモ ロサンゼルス >>Jimomo LA
MITUKARE総合情報サイト集

Advertising
Click Charity!
Twitter!
Follow Lisaky777 on Twitter


RSS Fields
Calendar
11 | 2016/12 | 01
Su M Tu W Th F Sa
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
FC2 Counter
By FC2 blog
ブログ
ホームページ
カウンター
FC2動画
ショッピングカート
Ping Checker
ブロ友申請/To be a Friend

この人とブロともになる

ブロ友一覧/ Blog Friends
BowBower
POCOLINの隠れ部屋  ギターとネコ達♪
From Boston ~ボストン便り~
アメリカ在住で専業4年目のトレーダー
California Diary
海外投資.net
My dreams are... ~アメリカ留学日記~
みんなの早期リタイア独立宣言書
k-ナインライフ
Himeのブログ
カリフォルニア、住めば都:子育て、アメリカ大学進学情報、不動産業日記。
シャルロットとのんびり暮らす
インテリアが好き!
支那豚の楽園
わにの日々-海が好き!編
アメリカ旅行記!!
QRコード
QR
Sogo Links
TripAdvisor
マウントシャスタの旅行情報
マウントシャスタの旅行情報>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。